コロナ終息への願い込め、来宮神社で節分祭 祝詞と巫女(みこ)舞を奉納

熱海市の来宮神社で2月2日、節分祭神事が行われ、神社役員や祭典役員、厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」の年男が新型コロナウイルスの早期収束や世界の平和などを祈願した。
今年は感染防止のため規模を縮小。大相撲力士や俳優ら著名人を招いて社殿前の特設舞台から境内に向かって行う豆まめを取りやめた。社殿で厄払いの儀式「追儺(ついな)」を行い、雨宮盛克宮司がコロナの終息と世界の平和を願う祝詞を奏上し、巫女(みこ)が舞を奉納した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る