あたみ桜糸川桜まつり 期間中の人出1万8429人 前年より3万8千人減

熱海市観光協会は第11回「あたみ桜糸川桜まつり」(1月9日~2月7日)の人出をまとめた。期間中30日間に来遊した人は1万8429人で前年(5万53人)より3万8624人減少(約68%)した。最も多かったのは2月7日(日)の4190人。今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のためイベントを取りやめたことと東京、神奈川など1都11府県に政府の緊急事態宣言が再発令され、県外からの観光客が大きく減少したことが響いた。
今年は満開の時期が遅れ、見頃が続いているため、14日までライトアップを延長している。
(熱海ネット新聞)
■最近4年のあたみ桜糸川桜まつりの人出
2021年 1万8429人
2020年 5万7053人
2019年 6万7786人
2018年 4万7237人

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る