あたみ桜糸川桜まつり 期間中の人出1万8429人 前年より3万8千人減

熱海市観光協会は第11回「あたみ桜糸川桜まつり」(1月9日~2月7日)の人出をまとめた。期間中30日間に来遊した人は1万8429人で前年(5万53人)より3万8624人減少(約68%)した。最も多かったのは2月7日(日)の4190人。今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のためイベントを取りやめたことと東京、神奈川など1都11府県に政府の緊急事態宣言が再発令され、県外からの観光客が大きく減少したことが響いた。
今年は満開の時期が遅れ、見頃が続いているため、14日までライトアップを延長している。
(熱海ネット新聞)
■最近4年のあたみ桜糸川桜まつりの人出
2021年 1万8429人
2020年 5万7053人
2019年 6万7786人
2018年 4万7237人

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  2. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  3. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
  4. 2022-5-14

    熱海こがし祭り「山車コンクール」3年ぶりに開催 7月15、16日

    熱海市観光協会は5月13日、新型コロナウイルスの影響で2年連続で中止していた「熱海こがし祭り 山車コ…
ページ上部へ戻る