熱海市4月から「副市長2人制」 観光•財政と福祉•コロナ対策の司令塔

2月24日に開会する熱海市議会2月定例会に提案する議案説明会が18日、市役所であり、齋藤栄市長は副市長2人制を導入する意向を明らかにした。議案では、副市長の定数条例を4月1日から「1人」から「2人」に改正する。理由を「熱海2030ビジョンの柱である新しい観光地経営の熱海型DMOと観光財源の構築、熱海版地域包括ケアシステムの仕組みづくりとコロナ対策ーー事務方の司令塔を2人にすることで複雑化した政策課題に迅速かつ的確に対応したい」と述べた。
人材については、現在の金井慎一郎副市長を経済産業省から招聘していることから「庁内も含め、地元に根差した人材を活用したい」とし、2月議会最終日(3月17日)に副市長定数条例案が可決された場合、同日に人事案を提出する。

熱海市では、助役制度があった2007年4月まで助役を2人置いたが、改正地方自治法改正で副市町村長制度に移行後は条例で定数1人としてきた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る