56種の梅が咲き、見頃のピーク 熱海梅園に行くなら今がベスト 見逃すな!

梅がシーズンでもっともきれいな時期を迎えている熱海梅園。今週は武蔵野、月影枝垂れ、緑萼(りょくがく)枝垂れ、甲州最小が咲き始め、これで園内に植えらた60種の梅の内、開花していないのは東錦、白獅子、乱雪、開運だけとなった。
主役がトップランナーの早咲き種から中咲き種に入れ代わり、遅咲き種が日ごとに見頃に入るこの時期が最も勢いがあり、人気が高い。園全体の開花度は7分咲きだが、全国の他の梅園とは違い、見頃時期を梅種で絶妙に調整している熱海梅園は、これから全体の開花度が徐々にダウンする。花見に行くなら、今が一番のお勧めだ。

1輪の中にピンクと白の花びが混じり、もっとも人気が高い「思いのまま」も今が盛り。この時期は例年なら混雑するが、今年はコロナ禍で様変わり。実にもったいない。
(熱海ネット新聞)
写真=2月17日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-29

    熱海市で新たに21人がコロナ感染=1月29日

    静岡県と熱海市は1月29日、市内で21人の新たな感染が確認されたと発表した。県全体では1603人。前…
  2. 2022-1-29

    土石流を旧長浜海岸に搬入 高潮対策と公園緑地化を国交省に要望

    熱海市の齋藤栄市長と地元選出の勝俣孝明衆院議員(自民党)らがこのほど、国土交通省に泉田裕彦国土交通大…
  3. 2022-1-28

    熱海市のホテル旅館、従業員対象に無料PCR•抗体検査 3000人分確保

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、熱海温泉ホテル旅館協同組合(63施設、森田金清理事長)は2月1…
  4. 2022-1-28

    熱海市で新たに16人がコロナ感染 保育園1園を休園措置=1月28日

    熱海市教育委員会は1月28日、市内の保育園の1クラスで新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、1…
ページ上部へ戻る