56種の梅が咲き、見頃のピーク 熱海梅園に行くなら今がベスト 見逃すな!

梅がシーズンでもっともきれいな時期を迎えている熱海梅園。今週は武蔵野、月影枝垂れ、緑萼(りょくがく)枝垂れ、甲州最小が咲き始め、これで園内に植えらた60種の梅の内、開花していないのは東錦、白獅子、乱雪、開運だけとなった。
主役がトップランナーの早咲き種から中咲き種に入れ代わり、遅咲き種が日ごとに見頃に入るこの時期が最も勢いがあり、人気が高い。園全体の開花度は7分咲きだが、全国の他の梅園とは違い、見頃時期を梅種で絶妙に調整している熱海梅園は、これから全体の開花度が徐々にダウンする。花見に行くなら、今が一番のお勧めだ。

1輪の中にピンクと白の花びが混じり、もっとも人気が高い「思いのまま」も今が盛り。この時期は例年なら混雑するが、今年はコロナ禍で様変わり。実にもったいない。
(熱海ネット新聞)
写真=2月17日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る