熱海梅園、早咲きと中咲き満開 遅咲きも4分咲き 58種の梅が百花繚乱

今週末は晴れて春らしい暖かさとなり、梅のピークが続く2月20日の熱海梅園には、マスク着用などの感染防止防止策を講じた多くの観梅客が訪れている。今週は東錦、乱雪が新たに咲き、これで園内に植えられた60種の梅の木のうち、残る品種は遅咲きの白獅子、開運だけ。3月7日まで続く「梅まつり」の最終章を迎えた。
一部には見頃過ぎに入った品種もあるが、市の調査によれば18日現在、469本中451本が開花している。早咲きが7分咲き、中咲き7•87分咲き、遅咲きが4•17分咲き。全体では6•6分咲きだが、最高の状態で高止まりしている。
前年の同時期(2月20日)は、早咲き、中咲き種が盛りを終えていることから、今シーズンも週明けから徐々に見頃過ぎに入ると思われる。熱海は22日にかけて20度まで気温が上がり、4月下旬の陽気となる。梅の木の数は熱海を上回る梅園があるが、これだけの品種が見られるのは熱海梅園だけ。写真を撮ったり、散策するには今がベストだ。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る