春うらら 梅園の梅、60種中59種が咲きそろう 来園者たちも春の装いに

熱海市内は2月22日、高気圧に覆われた影響で晴れ間が広がり、最高気温21•1度を記録し、5月中旬並みの陽気となった。熱海梅園では、60の梅種の内、超遅咲きの開運を除いて全て咲きそろった。梅まつり(〜3月7日)は最終章に入り、乱雪、白獅子、桃園、白加賀、呉服枝垂れ、思いのままが見ごろを迎えている。
23日は天陛下の61歳の誕生日にあたり祝日。観光客らが訪れ、写真を撮ったり、散歩したりして花見を楽しんでいる。服装も冬物のコートから春の装いに変わってきた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  2. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  3. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
  4. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
ページ上部へ戻る