市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で約40%、126万2224人減少した。市役所に記録が残る1963年以降でもっとも少なかった。熱海市では2015年から5年連続で300万人台を超え、活況が続いていたが、新型コロナウイルスの影響で過去最低を記録。これまでの最少は東日本大震災があった2011年の約236万人で、それを約51万人下回った。
齋藤栄市長は「200万人は割るだろうと思っていたが、大変ショッキングな数字」と愕然とし、「ワクチンが普及するところを底ととらえ、そこからいかに回復していくか。観光地として一番早く回復したと言われるよに頑張っていきたい」と述べた。
その上で、市長はオール熱海で稼ぐ観光地づくりを推進する熱海型DMOを構築し、宿泊税導入などの新たな観光財源確保を目指す考えを示した。
熱海市では、宿泊客数を入湯税(1人150円)ベースでカウントしており、歳入を下方修正する。
(熱海ネット新聞)
◆入湯税 地方税法に定められている、温泉などで徴収される市町村の税金。課税されるのは、鉱泉施設があるホテル、旅館、スーパー銭湯、健康センターなど。税額は1人1日当たり150円。宿泊者数や日帰り観光客数を測るベースになり、熱海市は入湯税をベースに宿泊客数をカウントしている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  2. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  3. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  4. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
ページ上部へ戻る