3月20日現在の「桜の名所」開花情報 姫の沢公園「ヒメノサワザクラ」

熱海市の姫の沢公園公園のバス停近くで「ヒメノサワザクラ」が見ごろを迎えた。あまり耳にしない名前だが、「姫の沢」の名前のつくこの桜は、多賀中で校長を務めた故角田春彦さんが「大漁桜(タイリョウザクラ)」などとともに作出したオリジナル品種。緋色のカンヒザクラに、真っ白なシラユキ(母エドヒガン、父オオシマ系のサトザクラ)の花粉を人工受粉させて作り出した品種。ソメイヨシノよりも少しピンクが濃く、下向きに咲いているのが特徴。
万葉集や古今和歌集で詠まれるなど、いにしえから愛され続けけてきた日本の桜は11種の「基本野生種」を挿し木などで新種を増やしてきた。桜の代名詞となったソメイヨシノもその一つで、母エドヒガン、父オオシマザクラ。交配で生まれた日本のサクラは栽培種を含めると、600種類以上あるといわれている。
(熱海ネット新聞)


■桜の基本野生種 ヤマザクラ(山桜)、オオヤマザクラ(大山桜)、カスミザクラ(霞桜)、オオシマザクラ(大島桜)、エドヒガン(江戸彼岸)、チョウジザクラ(丁字桜)、マメザクラ(豆桜)、タカネザクラ(高嶺桜)、ミヤマザクラ(深山桜)、クマノザクラ(熊野桜)、カンヒザクラ(寒緋桜)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る