3月27日現在の「桜の名所」開花情報 西熱海分譲地「さくら通り」

熱海市を代表する別荘地、西熱海分譲地(総区画数490、総棟数278)の「さくら通り」でソメイヨシノが満開となり、名物の「桜のトンネル」が“開通“した。道路の両脇に植えられた130本ほどのソメイヨシノがトンネルのように続き、「トンネル桜」の名で親しまれている。「さくら通り」はおよそ200メートルと300メートルの通りがTの字に交差しており、東京五輪が開催された1964年(昭和39年)頃に植栽された。楽しみにしていた2度目の東京五輪は今夏に延期されたが、57年にわたって住民の目を楽しませている。
同分譲地はJR来宮駅まで車で約5分。市街地へのアクセスがよく、西熱海ゴルフコース、熱海梅園が近いことから永住帯数も110ほどある。区画によっては相模湾・大島・初島・熱海市街が見渡せる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る