パラ聖火リレー 8月17日に熱海を出発地にスタート 花火モチーフに採火フェス

東京五輪・パラリンピック組織委員会は3月31日、パラリンピックの聖火リレーの採火フェスティバルを、五輪閉幕後に全国47都道府県の880超の市区町村で実施すると発表した。熱海市の採火式では、打上花火の材料の一つである玉皮を燃やすことで生じる炎を”あたみの火”とし、そこから丈の長いロウソクなどでランタンへ火を移す。
聖火リレーは8月17~24日に競技会場がある静岡、千葉、埼玉の3県、東京都の順に行われ、初日に熱海市をスタートし、24日にパラの開会式を迎える。県内では、熱海、静岡、御前崎、菊川、浜松市の5市4区間で実施する。聖火ランナー1人あたりの走行距離は約200m、走行時間は約2分間。県内ランナーの人数は、延期前と同じ県選出枠29人(公募25人、著名人4人)にスポンサー枠を加えた総勢123人の見通し。ルート等の詳細は今後、公表される。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る