中野かじかわ公園「桜まつり」、今年は“葉桜まつり” 異例の早期開花で困惑

熱海市下多賀の梶川上流にある「中野かじかわ公園」で4月3日、「しだれ桜まつり」(実行委員会主催)が始まった。例年は74本のしだれ桜が見ごろを迎え、ソメイヨシノとともに園内をピンク色に染める。しかし、今年は例年になく開花が早かったため、大半の花が散ってしまい、葉桜になっている。見ごろ前に葉が出て散った桜もあったという。
当初は11日までのまつり期間中の土日に長浜海浜公園から無料マイクロバスを運行する予定だったが、実行委員会を構成する中野町内会と多賀観光協会は協議して、初日限りでバスの送迎を中止した。市民から「前倒しで開催してくれればよかったのに」と残念がる声も上がっている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る