熱海市立図書館で「昔の教科書展」明治の尋常小学校から昭和20年代

熱海市立図書館で開催中の、明治27年(1894年)から昭和27年(1952年)までに熱海で使われた教科書の変遷を紹介する企画展「昔の教科書展」が好評を得ている。 同図書館所蔵の熱海尋常小学校で使用された明治時代の「読書教本」や昭和10年代の「修身」(戦時中の道徳)、同20年代の「国語」「社会」「科学』など25点が展示されている。
4月の新1年生入学に合わせて初企画。教科書を通じて歴史や時代の背景・流れを感じてもらおうと現在の小、中学校の教科書も展示している。児童生徒だけでなく、市民にも人気で自分自身が使用した教科書との違いを発見したり、教育内容の移り変わりに目を凝らして楽しんでいる。
開館時間は9時~18時。月曜・祝日休館。入館無料。4月25日まで。
(熱海ネット新聞)
■市立図書館 熱海市上宿町14-20 電話0557-86-6591

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る