木彫の巨匠、澤田政廣が描く油彩画展 魚見崎、来宮神社、お宮の松など

大型連休に合わせ、熱海市の澤田政廣記念美術館で企画展「彫刻と油彩画」が始まった。文化勲章受章彫刻家で熱海市名誉市民の澤田政廣(1894~1988)は、93歳で没するまで、木彫作品を中心に絵画・陶芸・版画・書などさまざまな芸術の領域にわたって創作活動を続けた。
今回の企画展では、旧制韮山中学(現在の韮山高校)当時に熱海の魚見崎、来宮神社、お宮の松などを描いた油絵19点を展示。韮山中学時代に親しんだ柔道やテニスの写真や様々なスポーツの一瞬を捉えた木彫、ブロンズ像などの作品もある。


同美術館によれば、少年時代の澤田は画家を志していたが、「画家として生計を立てるのは大変、木彫なら仏像をつくる道も開ける」という両親の意向もあり、旧制韮山中を中退して熱海市出身で東京在住の山本瑞雲(高村光雲の高弟)に弟子入り。そこで5年間の修行生活を送り、東京美術学校彫刻科別科卒業した。木彫作家として後世に名を残したが、少年時代の絵画にも力強い生命感と詩情が見て取れる。
同美術館は、澤田政廣の作品約1200点(彫刻は約200点)とコレクション約6400点を所蔵し、年に4階程度作品を入れ替える。学芸員の藤田実花さんは「毎回、工夫を凝らして展示替えするが、澤田政廣の旧制韮山中学時代の絵画を中心に展示するのは珍しい。今とは違う明治後期から大正初期の熱海の風景をご覧になってください」と観覧を呼び掛けている。4月23日〜8月22日まで。
(熱海ネット新聞)
■問合せ 熱海市立澤田政廣記念美術館(0557-81-9211)

魚見崎(明治43年、澤田政廣16歳作品)
来の宮(明治44年、澤田政廣17歳作品)
老松(大正2年、澤田政廣19歳作品)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る