知事の世代交代を! 岩井氏応援、自民党キャラバン隊 熱海で街頭演説

JR熱海駅

自民党本部は5月12日、静岡県知事選(6月3日告示、20日投開票)に出馬する岩井茂樹参議院議員(52)=静岡選挙区=の推薦を決定した。一夜開けた13日朝、岩井氏への支援を呼びかける自民党県連の街頭キャラバン隊が熱海入りし、藤曲敬宏県議(熱海市)、伊丹雅治県議(三島市)らが熱海駅前広場、清水橋(市内清水町)、JAあいら伊豆下多賀支店前で街頭演説を行い、岩井氏の出馬をアピールした。自民党市議や党熱海支部の役員らが「世代交代」ののぼり旗を立てて街頭に立ち、支援の輪を広げた。
藤曲氏は「熱海ををはじめとする伊豆半島はコロナ禍で大打撃を受けている。非常時に柔軟に対応できない川勝平太知事の資質に疑問を感じる」と訴え、今年1月、政府が首都圏の1都3県に緊急事態宣言を再発令した際、齋藤栄熱海市長が県の市長会を代表して川勝知事に国の支援を受けられる緊急事態宣言の対象にするよう国に要請することを要望した際の知事の冷たい対応を指摘した。


知事は、県内ではステージ4になっているのは1つもない。出しても国は蹴る。私の権限では出せないと拒否。市長は「変異ウイルスの感染によって一気にステージ4になる恐れがある。そうなる前に動くことが大切だ」と食い下がったが、県の負担が2割で済むにもかかわらず、かたくなに要望に応じず、制度融資や助成金の活用を求めた。
「対象になれば、国の支援を受けられ、苦しい状況が続く飲食店などがどれだけ助かったか。コロナ禍で全国の知事が注目されている。静岡県には子供のようなケンカばかりしている人より、臨機応変に対応できる新しい知事、世代交代が必要。現職の参院議員、国交副大臣を辞して退路を断ち、360万人県民のために一肌脱いだことを評価して頂きたい」と支持を呼びかけた。
(熱海ネット新聞)

JR熱海駅
清水町

JAあいら伊豆下多賀支店前

関連記事

コメント

    • 野ケ山
    • 2021年 5月 22日

    リニヤー着地点が見えない川勝の交替、コロナ感染防疫の水際防疫にいい加減な感染研の総括、発熱症状を前提条件として後手後手の検査をしている保健所の改革が急務。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    8年ぶりに満月と重なる「仲秋の名月」 熱海湾に鮮やかムーンロード

    旧暦の8月15日に当たり「仲秋の名月」(十五夜)となった9月21日。暦と満月は必ずしも一致しないが…
  2. 2021-9-22

    熱海市全体の商業地3•7%、県内一の上昇率 トップは田原本町 基準地価

    国土交通省は9月21日、7月1日現在の基準地価を発表した。静岡県内の商業地は新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-9-22

    【お悔やみ】河野と志枝さん(熱海市網代)9月19日死去 107歳

    河野と志枝さん(このう・としえ)9月19日死去、107歳。熱海市の再高齢者。通夜23日午後6時。葬…
  4. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
ページ上部へ戻る