熱海梅園で梅の実を収穫 今年は豊作、梅干しや梅まんじゅうに活用

熱海梅園で5月19日、梅干しや梅まんじゅうに使われる果肉が厚い大きな梅を収穫する「梅の実落とし」があり、市職員9人と園芸業者らが作業を行った。梅の木をブルーシートで囲み、長さ4メートルの竹の棒で枝を叩いたり、枝葉を揺らすと、直径3〜4センチのまだ青いたわわな実った梅の実が次々と落下し、収穫した。
ことしは温暖な気候が続いたため、例年以上に実のつきが良く、豊作。初日は午後から雨脚が強まり、約400キロの収穫にとどめたが、20日以降も採取を行い、最終的には最近10年間で最も多かった885キロ(2017年)を超える収穫を見込んでいる。
熱海梅園には59種、473本の梅の木が植えられているが、梅干しなどに使える実梅は「白加賀」「長束」「林州」など128本。収穫した実は市内の梅干し製造会社「東明」などに販売され、梅干しををはじめ、梅まんじゅう、梅ジャムなどに加工され、熱海梅園をPRする商品として市場に出る。
(熱海ネット新聞)

梅の実は生り年と裏年(ほぼ1年おきに交代する現象)があり、今年は生り年で豊作。
【最近10年の収穫量】 ▼2012年(425㌔)△13年(520㌔)▼14年(420㌔)△15年(630㌔)▼16年(120㌔)△17年(885㌔)▼18年(810㌔)▼19年(159㌔)▼20年(135㌔)△21年(885㌔超)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る