熱海梅園で梅の実を収穫 今年は豊作、梅干しや梅まんじゅうに活用

熱海梅園で5月19日、梅干しや梅まんじゅうに使われる果肉が厚い大きな梅を収穫する「梅の実落とし」があり、市職員9人と園芸業者らが作業を行った。梅の木をブルーシートで囲み、長さ4メートルの竹の棒で枝を叩いたり、枝葉を揺らすと、直径3〜4センチのまだ青いたわわな実った梅の実が次々と落下し、収穫した。
ことしは温暖な気候が続いたため、例年以上に実のつきが良く、豊作。初日は午後から雨脚が強まり、約400キロの収穫にとどめたが、20日以降も採取を行い、最終的には最近10年間で最も多かった885キロ(2017年)を超える収穫を見込んでいる。
熱海梅園には59種、473本の梅の木が植えられているが、梅干しなどに使える実梅は「白加賀」「長束」「林州」など128本。収穫した実は市内の梅干し製造会社「東明」などに販売され、梅干しををはじめ、梅まんじゅう、梅ジャムなどに加工され、熱海梅園をPRする商品として市場に出る。
(熱海ネット新聞)

梅の実は生り年と裏年(ほぼ1年おきに交代する現象)があり、今年は生り年で豊作。
【最近10年の収穫量】 ▼2012年(425㌔)△13年(520㌔)▼14年(420㌔)△15年(630㌔)▼16年(120㌔)△17年(885㌔)▼18年(810㌔)▼19年(159㌔)▼20年(135㌔)△21年(885㌔超)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    8年ぶりに満月と重なる「仲秋の名月」 熱海湾に鮮やかムーンロード

    旧暦の8月15日に当たり「仲秋の名月」(十五夜)となった9月21日。暦と満月は必ずしも一致しないが…
  2. 2021-9-22

    熱海市全体の商業地3•7%、県内一の上昇率 トップは田原本町 基準地価

    国土交通省は9月21日、7月1日現在の基準地価を発表した。静岡県内の商業地は新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-9-22

    【お悔やみ】河野と志枝さん(熱海市網代)9月19日死去 107歳

    河野と志枝さん(このう・としえ)9月19日死去、107歳。熱海市の再高齢者。通夜23日午後6時。葬…
  4. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
ページ上部へ戻る