糸川のブーゲンビリア鮮やか 涼求め、川音を聞きながら水辺で観賞

6月の熱海は「花の街」。市内中心部を流れる糸川遊歩道ではブーゲンビリアが最高の見ごろを迎えている。川を覆うように赤や紫色の鮮やかな花を咲かせ、7月上旬ごろまで南国の雰囲気を楽しめる。
遊歩道から階段で水辺に降りられる場所もあり、川音を聞きながらブーゲンビリアの間から差し込む陽光を観賞することもできる。梅雨の晴れ間が続き、涼を求める人々が訪れている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    8年ぶりに満月と重なる「仲秋の名月」 熱海湾に鮮やかムーンロード

    旧暦の8月15日に当たり「仲秋の名月」(十五夜)となった9月21日。暦と満月は必ずしも一致しないが…
  2. 2021-9-22

    熱海市全体の商業地3•7%、県内一の上昇率 トップは田原本町 基準地価

    国土交通省は9月21日、7月1日現在の基準地価を発表した。静岡県内の商業地は新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-9-22

    【お悔やみ】河野と志枝さん(熱海市網代)9月19日死去 107歳

    河野と志枝さん(このう・としえ)9月19日死去、107歳。熱海市の再高齢者。通夜23日午後6時。葬…
  4. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
ページ上部へ戻る