糸川のブーゲンビリア鮮やか 涼求め、川音を聞きながら水辺で観賞

6月の熱海は「花の街」。市内中心部を流れる糸川遊歩道ではブーゲンビリアが最高の見ごろを迎えている。川を覆うように赤や紫色の鮮やかな花を咲かせ、7月上旬ごろまで南国の雰囲気を楽しめる。
遊歩道から階段で水辺に降りられる場所もあり、川音を聞きながらブーゲンビリアの間から差し込む陽光を観賞することもできる。梅雨の晴れ間が続き、涼を求める人々が訪れている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る