熱海•今宮神社で「夏越の大祓」「茅の輪」くぐって疫病退散を祈願 

熱海市の今宮神社で6月30日、「茅(ち)の輪」をくぐって疫病退散や無病息災を願う「夏越の大祓」(なごしおおはらえ)神事があった。小雨がぱらつく中、氏子らが訪れ、新型コロナウイルス感染症の退散を共に祈った。
大祓は、古代から宮中などで6月と12月に年2回行われる神事で半年間のけがれをはらい、残り半年の無事を祈る。例年は泉明寺みずほ宮司が本殿で大祓詞(おおはらえことば)を唱え、人の形に切られた紙に半年間のけがれや罪を移し、焚(た)き上げて無病息災を祈ってきた。今年は氏子たちが1日も早い疫病(新型コロナウイルス)の終息を願い、境内に茅の輪とのぼり旗を設置。茅の輪は鉄製で、大石鉄工所(桜木町)が奉納した。
神事には、八代一雄総代長、細田泰秀神輿保存会会長など13人が参列。神事後は、泉明寺宮司を先頭に全員で「茅の輪」をくぐり抜け、身を清めた。12月末には「年越の祓」(年越大祓)を斎行する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る