熱海市伊豆山で土石流、20人超が安否不明 女性2人が心肺停止で発見

梅雨前線の記録的な大雨の影響で7月3日午前10時半ごろ、熱海市伊豆山地区で大規模な土石流が発生した。熱海市消防本部によると、土石流で「家から出られない」などの通報が約10件あり、少なくとも約20人程度が流され、行方がわかっていない。下田海上保安部によると3日午後、伊豆山港の海で心肺停止状態の2人が発見された。また付近に住む15歳の男子が、自力で脱出したところを消防に救助され、救急搬送された。救出者は4人。
午後4時15分、記者会見した齋藤栄市長によれば、土石流により仲道、岸谷、浜3町内会の100〜300世帯が被害にあったとみられるという。悪天候で被災した地域に入れないため、確認作業が進まず、さらに増える可能性がある。

土石流は急峻な斜面の高台にある小杉造園の上で発生し、黒い土砂が複数の住宅や電柱などを押し倒しながら逢初(あいぞめ)川を津波のように下り、般若院バス停近くを通って国道135号線の逢初橋付近へ。さらに伊豆山港の相模湾まで約2キロにわたって土砂が流れた。この影響で市道伊豆山神社線•般若院前バス停付近、国道135号線•中央町交差点~門川間が通行止めになっている。
また土砂災害により水道施設が被害に遭い、現在伊豆山全域で断水が発生している。県は同日正午、災害対策本部を設置し、自衛隊に救助を要請した。熱海市では、7月2、3の両日で平年7月1カ月分の1・6倍の雨量を記録していた。
(熱海ネット新聞)

ツイッターより

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る