盛り土の宅地造成が土石流の原因か 川勝知事「経緯、工法の検証」指示

静岡県は7月4日、熱海市伊豆山で発生した土石流災害について、土石流の発生源付近に置かれていた盛り土が崩れることで大規模化したとの見方を示した。盛り土があったのは、逢初川の河口から上流2キロ付近で伊豆山神社本宮の近く。崩落した場所はもともと水の通り道になってなっており、一帯では10年ほど前に宅地造成が行われ、約5・4万立方メートルを盛り土したという。
今回の土石流災害で県職員がドローンによって現地調査した結果、幅100メートル、深さ最大10メートル以上の大規模な崩落が起きていたことが判明。盛り土を含めた10万立方メートルが崩落して「被害を甚大化」させた可能性がある、としている。盛り土が最初に崩落したのか、盛り土の下部から崩落したのかは不明。


川勝平太知事は「開発行為と、土石流の因果関係は明確でない」とした上で「上流部での森林伐採は保水能力を著しく減退させ、土砂災害につながる恐れもある」と指摘。「どういう目的で盛り土をしたのか、しっかりと検証する必要がある」と述べ、詳しい調査を指示した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る