マダニ感染症で女性が死亡、熱海保健所管内 県内で今年初めて

静岡県は7月9日、マダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」に感染した熱海保健所管内の80代の女性が死亡したと発表した。今年に入り県内での感染確認は3例目だが、死亡例は初めて。
県によると女性は山間部で農作業に従事し、体調不良のため、同保健所管内の医療機関に入院。6日に死亡した。左大腿部にマダニの刺した痕が確認された。
日本紅斑熱はマダニにかまれてから2〜8日で発熱や発疹の症状が出る。人から人への感染はないという。
マダニは山や草むらなどに生息し、秋まで活動が盛んなため、県と市は、屋外で活動する際は、長袖や長ズボンを着用するなど対策をとるよう呼びかけている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る