初島・熱海間団体競泳大会、2年連続で中止 土砂流災害と緊急事態宣言延長で

初島・熱海間団体競泳大会の実行委員会(熱海市、熱海市体育協会で構成)は7月14日、8月4日に予定していた「第74回初島・熱海間団体競泳大会」の中止を決めた。消防、警察などが伊豆山地区の土石流災害で安否不明者の救助・捜索を続けていることから、対応を協議して決めた。中止は新型コロナウイルス感染拡大防止で中止した昨年に続き2年連続。
参加を予定していた25チームの大多数が東京、神奈川などの首都圏のチーム。政府が緊急事態宣言、まん延防止等重点措置を今月12日から8月22日まで延長を決め、都県をまたいだ移動を呼びかけていることにも配慮した。
同団体競泳は、大正15年に始まり、初島港~熱海サンビーチ間(海上約12km)を舞台に、毎年8月4日に開催されてきた伝統の大会。熱海の夏の風物詩として全国的に知られている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    熱海土石流、新たに1人の遺体発見、死者20人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で1人の遺体を発見し…
  2. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  3. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  4. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
ページ上部へ戻る