初島・熱海間団体競泳大会、2年連続で中止 土砂流災害と緊急事態宣言延長で

初島・熱海間団体競泳大会の実行委員会(熱海市、熱海市体育協会で構成)は7月14日、8月4日に予定していた「第74回初島・熱海間団体競泳大会」の中止を決めた。消防、警察などが伊豆山地区の土石流災害で安否不明者の救助・捜索を続けていることから、対応を協議して決めた。中止は新型コロナウイルス感染拡大防止で中止した昨年に続き2年連続。
参加を予定していた25チームの大多数が東京、神奈川などの首都圏のチーム。政府が緊急事態宣言、まん延防止等重点措置を今月12日から8月22日まで延長を決め、都県をまたいだ移動を呼びかけていることにも配慮した。
同団体競泳は、大正15年に始まり、初島港~熱海サンビーチ間(海上約12km)を舞台に、毎年8月4日に開催されてきた伝統の大会。熱海の夏の風物詩として全国的に知られている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  2. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  3. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  4. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
ページ上部へ戻る