花火大会中止で手持ち花火が人気 長浜海水浴場に「特設会場」オープン

新型コロナウイルスと伊豆山地区の土石流災害で夏の花火大会の開催中止が相次いでいる熱海市では、家族で手軽に楽しめる「手持ち花火」が人気を集めている。
多賀観光協会は7月17日から長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。13年前に始めた人気企画で、利用者は受付で、ろうそく、水が入ったバケツなどを受け取り、発光ダイオード(LED)チューブで囲まれたエリア内で花火を楽しめる。海水浴を終えた家族や、宿泊客らが涼を求めて訪れ、にぎわっている。

受付で手持ち花火(300円•500円•1000円)を販売しており、手ぶらでの利用することができる。開設時間は午後7〜9時。8月29日まで。
長浜海岸で8月12日に予定していた伊豆多賀会場花火大会は延期が決まったが、8月16日の灯籠流しは例年通り、午後7時から行う。灯籠は持ち込みも可能だが、うみえ〜る長浜で1000円で販売している。16日午後8時から開く伝統行事「百八体流灯祭」は規模を縮小し、長浜海水浴場で開催する。
問い合わせは多賀観光協会〈電0557(67)2255〉へ。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    熱海土石流、新たに1人の遺体発見、死者20人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で1人の遺体を発見し…
  2. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  3. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  4. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
ページ上部へ戻る