岸防衛相「人名救助に全力を挙げる」 熱海市伊豆山の土石流現場視察

祖父である岸信介元首相が別荘を構えるなど熱海市にゆかりが古い岸信夫防衛大臣が7月18日、市内伊豆山地区の大規模土石流現場で自衛隊の捜索活動を視察した。防衛省によると、今月3日の災害発生時からのべ6千人超の自衛官が現場で活動。この日も現場に約340人、重機14両を投入して土砂を取り除き、人命救助活動を行った。
視察後、取材団に「大量の土砂・がれきが堆積している現場は、夏の暑さも相まって過酷な環境にあるが、捜索・救助に全力をあげる隊員の懸命な姿を目の当たりにした。2次災害の防止に万全を喫しながら関係省庁、自治体と密接に連携して、いまだ安否不明の方々の人命救助に引き続き、対応していく」と述べた。

岸大臣は熱海港の宿営地で隊員が寝泊まりをするテントも視察し、担当者から通常はテント内に4人分のベッドが設置可能だが、新型コロナウイルス対策のため2人分に絞り、ビニールの間仕切りをぶら下げているという現状説明を受けた。
(熱海ネット新聞)
写真=岸信夫大臣のTwitterより

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る