国道135号、神奈川県境と熱海市東海岸区間 7月29日から通行可能に

静岡県は7月26日、今月3日に熱海市伊豆山地区で発生した土石流災害の影響で通行止めとなっている神奈川県境と熱海市東海岸区間の国道135号について、台風8号の影響がなければ29日午後3時で規制を解除すると発表した。
国道135号は熱海市と首都圏を結ぶ主要道路で、土石流の発生で伊豆山温泉の逢初橋付近に土砂が流入し、通行止めとなっていた。ただし、台風8号の影響も心配され、時間雨量10ミリ以上または連続雨量50ミリ以上を観測した場合には通行止めを継続する。
国道135号の規制解除に伴い、迂回路として利用されていた熱海ビーチラインの無料開放は終了し、7月30日の午前0時から通常営業を再開する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-6-29

    伊豆山土石流 齋藤市長「行政に不備があった」遺族に初めて謝罪

    熱海市伊豆山の土石流災害の発生から来月3日で1年を迎えるのを前に齋藤栄市長が6月27日夜、被災者や遺…
  2. 2022-6-27

    大相撲 熱海富士、東十両6枚目に=名古屋場所番付発表

    日本相撲協会は6月27日、大相撲名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表した…
  3. 2022-6-27

    自民・勝俣衆院議員、熱海駅で上田候補(公明比例)の応援演説

    自民党の勝俣孝明衆院議員(静岡6区)は6月27日、JR熱海駅前で開かれた参院選比例区の上田い…
  4. 2022-6-24

    新組合長に小笠原亜紀子さん(芸名美保)、熱海芸妓置屋連合組合

    熱海市内の芸妓置屋でつくる熱海芸妓置屋連合組合は6月23日、熱海芸妓見番で2022年総会を開き、22…
ページ上部へ戻る