国道135号、神奈川県境と熱海市東海岸区間 7月29日から通行可能に

静岡県は7月26日、今月3日に熱海市伊豆山地区で発生した土石流災害の影響で通行止めとなっている神奈川県境と熱海市東海岸区間の国道135号について、台風8号の影響がなければ29日午後3時で規制を解除すると発表した。
国道135号は熱海市と首都圏を結ぶ主要道路で、土石流の発生で伊豆山温泉の逢初橋付近に土砂が流入し、通行止めとなっていた。ただし、台風8号の影響も心配され、時間雨量10ミリ以上または連続雨量50ミリ以上を観測した場合には通行止めを継続する。
国道135号の規制解除に伴い、迂回路として利用されていた熱海ビーチラインの無料開放は終了し、7月30日の午前0時から通常営業を再開する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る