国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道135号の復旧工事が完了し、7月29日午後3時に26日ぶりに開通した。国道135号は熱海市と首都圏を結ぶ主要道路で、土石流の発生で伊豆山温泉中心部の逢初橋付近に土砂が流入し、約6キロの区間が通行止めとなっていた。
これで東京、神奈川方面と熱海、伊豆半島の往来が便利になり、地元では生活や観光の復興に期待が高まっている。東海バスは30日から「熱海駅〜湯河原駅線」を再開。「熱海駅〜七尾団地循環線」を国道135号経由で運行する。
国道135号の規制解除に伴い、迂回路として利用されていた熱海ビーチラインの無料開放は終了し、30日午前0時から通常営業(有料)を再開する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る