国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道135号の復旧工事が完了し、7月29日午後3時に26日ぶりに開通した。国道135号は熱海市と首都圏を結ぶ主要道路で、土石流の発生で伊豆山温泉中心部の逢初橋付近に土砂が流入し、約6キロの区間が通行止めとなっていた。
これで東京、神奈川方面と熱海、伊豆半島の往来が便利になり、地元では生活や観光の復興に期待が高まっている。東海バスは30日から「熱海駅〜湯河原駅線」を再開。「熱海駅〜七尾団地循環線」を国道135号経由で運行する。
国道135号の規制解除に伴い、迂回路として利用されていた熱海ビーチラインの無料開放は終了し、30日午前0時から通常営業(有料)を再開する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る