清水エスパルスが熱海へ義援金458万円 権田修一主将が届ける

J1清水エスパルスのGK権田修一主将(31)と山室晋也社長(61)が7月30日、熱海市役所を訪れ、大規模な土石流災害に見舞われた市に義援金を寄付した。ホーム試合の7月4日の大分戦、17日の川崎戦での募金活動や、25日のチャリティーオークションなどで集まった458万5323円を齋藤栄市長に届けた。


権田主将は「先日、(エスパルスの)駿東サッカースクールに参加したとき、熱海市から通ってるスクール生がいて、熱海市にもエスパルスが好きな子供jたちがいるんだなと思った。支援は継続してやっていくことが大事。お金を集めるということだけでなく、まずはプレーで元気を届けたい」と話した。
義援金には、監督や選手、スタッフらの募金も含まれている。山室社長は「1日でも早く日常の生活に戻ることを祈っています」と述べ、市長は「被災された方々にとっても大きな力になると思う。今回の支援をしっかりと被災者に届けて参ります」と感謝した。
(熱海ネット新聞)

■義援金額 4,585,323円
<内訳>
① 2,885,323円 /ファン・サポーターからの義援金(7/4大分戦、7/17川崎戦、7/25サポーターズサンクスデー、エスパルスストア、チャリティグッズ収益、チャリティーオークション収益)
② 1,500,000円 /監督、選手、チームスタッフからの義援金
③ 200,000円 /エスパルス福祉基金

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る