熱海海上花火大会、9月25日から再開 1月9日までに計11回開催

熱海市ホテル旅館協同組合連合会(森田金清理事長)は8月23日、新型コロナウイルスの感染拡大と伊豆山土石流災害で中止や延期していた今年度の熱海海上花火大会について、9月25日から再開し、1月9日までに計11回打ち上げると発表した。
新たに組み替えた開催日は9月25日(土)、10月30日(土)、11月7日(日)、20日(土)、21日(日)、27日(土)、12月5日(日)、12日(日)、18日(土)、25日(土)、 1月9日(日)。このうち、当初から予定されていたのは9月25日、11月21日、12月18日の3回で他の8回は、中止や延期していた分を振り替えた。9月25日に関しては、9月12日まで静岡県に発令されている緊急事態宣言が延長された場合、年明けの1月15日に延期する。
会場はいずれも熱海湾で、時間は午後8時20分から20分間。各回3千発を打ち上げる。
このほか、熱海市の花火大会を手がける花火製造販売会社「イケブン」(静岡県藤枝市)が文化庁の支援事業(申請中)で10月23日(土)に県内の花火製造会社と合同で開催を予定している。
(熱海ネット新聞)

代替開催詳細…https://www.city.atami.lg.jp/event/1009037/1001205.html

関連記事

コメント

    • 永年市民
    • 2021年 8月 25日

    伊豆山災害、コロナ共真っ只中、花火大会はどうかと?観光地とは言うものの今年は自粛するべきではないでしょうか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る