伊豆山土石流対応に12億4500万円 熱海市が9月市議会に補正予算案

熱海市は8月26日、2021年度一般会計補正予算案に、伊豆山の土石流災害の関連予算として12億4500万円を盛り込む考えを明らかにした。市議会9月定例会(9月15日)に提出する。
関連予算のうち、避難所として活用した市内の4ホテルへの経費が約4億7300万円。土石流が発生した7月3日の翌日から最大で約580人が身を寄せ、8月26日現在で177人が避難生活を続けている。
このほか、災害廃棄物処理に3億1100万円。現場に堆積した土砂の排除などを含む災害復旧費に約1億円を充てる。
歳出のうち5億4200万円を県、2億800万円を国が補助する。残りの4億9500万円は市の貯金に当たる財政調整基金を取り崩すなどして対応する。
 齋藤栄市長は「現時点では、今後の復旧、復興にどれぐらいの費用がかかるか見通せていない。大きな額だが、被災者支援には必要な予算。しっかり対応したい」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る