渡邉彩香さんに紺綬褒章 コロナ対策に賞金の一部を熱海市に寄付貢献で

「新型コロナウイルス感染症対策」に賞金の一部の300万円(ほかにフェースシールド及び除菌水)を熱海市に寄付し、紺綬褒章を受章した女子プロゴルファーの渡邉彩香さん(27)への褒章伝達が9月13日、あった。梅原修一郎市経営企画部秘書広報課長が熱海市内の渡邉さんの自宅を訪ね、褒状を手渡した。
紺綬褒章は、公益のために私財を寄付した個人や団体に贈られる国の褒賞制度。7月31日付けで決まっていたが、このほど内閣府から市に褒状と賞杯が届き、手渡した。
渡辺さんは受賞決定後の8月6日にも「熱海土石流の被災者支援」に500万円を寄付するなど、慈善活動にも力を入れている。
「熱海市の皆様には昔から応援していただいており、プロゴルファーとして地元に貢献したいと 思っていた。こういう形で褒章をいただけて本当に嬉しい」とコメントした。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る