熱海土石流、10月10日に伊豆山小体育館で追悼式 一般献花も

熱海市は9月24日、伊豆山地区の大規模土石流発生から100日目となる10月10日午前10時から被災現場近くの伊豆山小の体育館で犠牲者追悼式を開催すると発表した。
新型コロナウイルス感染対策で、遺族や捜索活動ら市が招待した人のみの参加とし、追悼式終了後の午前10時半ごろから会場を開放し、午後3時まで一般の献花を受け付ける。献花の際は、同校の運動場を駐車場として開放する
土石流では26人が死亡し、1人が行方不明。齋藤栄市長は「犠牲者の追悼と行方不明者の一日も早い発見を願うとともに被災者の新たな生活の始動への思いを込める」と話した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  2. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  3. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  4. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
ページ上部へ戻る