ベルテックス静岡が被災者に107万円寄付 土石流の義援金約9•5億円に 

バスケットボール男子・Bリーグ3部(B3)のベルテックス静岡(静岡市)の松永康太社長、大石慎之介、加納誠也選手が9月29日、熱海市役所に齋藤栄市長を訪ね、被災した人たちの生活再建に役立ててもらおうと、107万円を寄付した。
同チームは、7月3日の伊豆山土石流発生を受け、8月1日〜31日までクラウドファンディング「熱海市土砂災害支援プロジェクト」による募金活動を実施。目標の100万円を上回る134万円が寄せられ、手数料を除いた額を市に届けた。
同日は、人気スイーツ「熱海プリン」を展開するフジノネ(熱海市)とビーズインターナショナル(東京都)からも69万1619円の寄付があった。こちらは限定販売した復興応援コラボセットの売上金の一部を義援金に充てた。
熱海市によれば、9月30日現在、被災者に直接配分する「義援金」は総額9億4656万693円(県から配分された7月の大雨災害義援金の1億2961万円を含む)。市への寄付として災害復旧に使用する「支援金」も5億1744万5420円が寄せられている。合わせると約14億6400万円。
熱海土石流では、犠牲者26人、行方不明者が1人。全壊および半壊の家屋は128棟。未曾有の土砂災害は10月3日で発災から3カ月を迎えるが、今なお全国から義援金•支援金などが集まっている。
(熱海ネット新聞)

熱海市土砂災害支援プロジェクトhttps://readyfor.jp/projects/veltex

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る