ライオンズクラブが被災者に支援物資 電気カーペットなど1876万円相当

熱海ライオンズクラブ(川﨑秀和会長)は9月29日、伊豆山土石流の被災者に1876万円相当の支援物資を寄付した。全国のライオンズクラブはそれぞれの地区で熱海土石流支援の募金を行っており、集まった募金を熱海ライオンズクラブを通して緊急的に必要な物資を購入。被災者を支援している。


熱海ライオンズクラブでは、コロナ禍で迎える秋冬シーズンに備え、避難住民の転居先での加湿機能付き空気洗浄機を200台、電気カーペットを200枚を調達。被災者の公営および民間住宅(みなし仮設住宅住)への転居の際や子供たちの居場所作りに取り組むNPOに用意し、公的な生活支援では賄えない部分をフォローした。また、消防に無線機を贈った。
訪れたのは、ライオンズクラブ国際協会334-C地区(静岡県)の藤井嗣也ガバナー、川﨑会長、水谷幸伸幹事など5人。川﨑会長は「発災当初から、県内外のクラブで募金活動が続けられ、今回は被災者の皆様の要望で秋冬に必要なものを揃えた」と話し、齋藤栄市長は「市も頑張っているが、手の届かないところがある。ライオンズクラブのネットワークの素早い対応に感謝する」とお礼の言葉を述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る