伊豆山の復興願い、10月19日に御鳳輦渡御 今宮神社厄年奉賛会

今宮神社の例大祭(10月19、20日)で今年度の御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「今宮叶會(かなえかい)」の大武利弘会長ら役員5人がこのほど、泉明寺みずほ宮司とともに市役所を訪問。齋藤栄市長に趣意書を手渡し、意気込みを語った。
今年の例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大防止と伊豆山地区の土石流災害に配慮して規模を縮小して斎行する。これに伴い、御鳳輦の神輿渡御も2年連続で中止が検討されたが、コロナの緊急事態宣言が解除されたことから、栄町公民館から神社までの約250メートルに限定して担ぎ、掛け声は自粛することなどを説明した。
大武会長は「地域の商売繁盛、家内安全ばかりでなく、今年は土石流で被災した伊豆山地区の早期復興が叶うように願ってご奉仕する。一生に一度の厄払い。持てる力を出し切り、粛々とやり遂げたい」と話し、市長は「コロナと未曾有の災害が重なり、制約や苦労も多いと思うが、成功を祈っている」と激励した。
19日の神輿渡御は、伊豆山、来宮神社神社の御鳳輦奉仕者も協力して実施し、伊豆山地区の1日も早い復興を祈願する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  2. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  3. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  4. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
ページ上部へ戻る