9月に散った金木犀が2度咲き 熱海梅園に秋告げる甘い芳香再び

熱海梅園で秋の訪れを告げるオレンジ色のキンモクセイ(金木犀)が再び咲き、園内が甘い芳香に包まれてる。再びというのは、今年は植物の開花が早く、9月中旬に満開に。その後、1週間ほどで散り、いったん甘い香りは感じられなくなっていたが、台風一過の先週末から漂い始め、10月6日に満開となった。
中国から渡来した金木犀の開花時期は9月中旬~10月下旬。年に1度開花するが、2度開花する木が増えているという。詳細なメカニズムはまだ解明されていないが、地球温暖化が影響を及ぼしているという。
開花時期は1週間なので、今週末の連休も秋に風物詩が楽しめる。
(熱海ネット新聞)
写真=10月6日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-6-29

    伊豆山土石流 齋藤市長「行政に不備があった」遺族に初めて謝罪

    熱海市伊豆山の土石流災害の発生から来月3日で1年を迎えるのを前に齋藤栄市長が6月27日夜、被災者や遺…
  2. 2022-6-27

    大相撲 熱海富士、東十両6枚目に=名古屋場所番付発表

    日本相撲協会は6月27日、大相撲名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表した…
  3. 2022-6-27

    自民・勝俣衆院議員、熱海駅で上田候補(公明比例)の応援演説

    自民党の勝俣孝明衆院議員(静岡6区)は6月27日、JR熱海駅前で開かれた参院選比例区の上田い…
  4. 2022-6-24

    新組合長に小笠原亜紀子さん(芸名美保)、熱海芸妓置屋連合組合

    熱海市内の芸妓置屋でつくる熱海芸妓置屋連合組合は6月23日、熱海芸妓見番で2022年総会を開き、22…
ページ上部へ戻る