静岡県、伊豆山土石流の行政手続きの公文書公開 18日からHPで

熱海市伊豆山の大規模土石流で被害を拡大させた盛り土について、静岡県は10月18日午前10時から行政手続きに関する公文書を県のホームページで公表する。
崩落した盛り土に関する業者とのやりとりや内部の協議などが中心。盛り土周辺の宅地造成や太陽光発電施設に関する文書も公表する。
県は今年7月に行政手続き確認作業チームを設置し、資料の収集、職員の対応を整理してきた。
熱海市はこれを受け、18日午後2時半から市役所で市長が記者会見する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る