熱海市議会、伊豆山土石流で百条委設置 責任の所在を徹底追及

静岡県と熱海市が10月18日に伊豆山土石流を拡大させた盛り土に関する公文書を公開したことから、熱海市議会は同日、地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委員会)を設置する方針を決めた。26日に議会運営委員会を開き、正式決定する。最大会派「熱海成風会」と第2会派「自民党・公明党 女性の会 熱海梁山泊は公明党」が公文書の公開を待って設置を求めた。
百条委員会は、国会の国政調査権に相当するもので、証言・若しくは資料提出拒否に対し禁錮刑を含む罰則(同条第3項)が定められている。土石流の起点となった土地の現旧所有者や市幹部、既に退職した市職員らを証人尋問し、原因と責任を追及する。熱海市議会では初めて。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る