熱海市議会、伊豆山土石流で百条委設置 責任の所在を徹底追及

静岡県と熱海市が10月18日に伊豆山土石流を拡大させた盛り土に関する公文書を公開したことから、熱海市議会は同日、地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委員会)を設置する方針を決めた。26日に議会運営委員会を開き、正式決定する。最大会派「熱海成風会」と第2会派「自民党・公明党 女性の会 熱海梁山泊は公明党」が公文書の公開を待って設置を求めた。
百条委員会は、国会の国政調査権に相当するもので、証言・若しくは資料提出拒否に対し禁錮刑を含む罰則(同条第3項)が定められている。土石流の起点となった土地の現旧所有者や市幹部、既に退職した市職員らを証人尋問し、原因と責任を追及する。熱海市議会では初めて。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る