今宮神社例大祭が幕開け 御神幸行列の中止で歩いて巡行 厄年奉賛会

熱海市の今宮神社例大祭が10月19日、昨年に続いて規模を縮小して幕を開けた。例年初日は、神々を神輿に乗せて氏子地域を回る神幸行列が行われるが、新型コロナウイルスの感染拡大防止と伊豆山土石流災害に配慮して中止した。
厄年奉賛会「今宮叶會(いまみやかなえかい)」(大武利弘会長)は、午前中に4班に分かれて氏子町内を歩いで回り、厄除けの福餅と福銭を振舞った。会員の地元町内ではそれぞれ祝福を受けた。
同会の会員が担ぐ御鳳輦神輿の宮出しは、宵宮祭に合わせて午後4時半に遅らせ、午後5時に栄町公民館を出発。神社までの約250メートルに限定して神輿を担いだが、掛け声は自粛した。
最終日の20日は、午後4時から例大祭神事を執り行う。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る