熱海土石流、発生から4カ月 行方不明の太田和子さん発見祈る

26人が死亡し、1人が行方不明になっている熱海市伊豆山の大規模な土石流から11月3日、発生から4カ月が経った。立ち入り禁止になっている警戒地区では、この日も県警機動隊員の捜索が続き、行方が分からない太田和子さんを懸命にさがし求めた。
岸谷地区にあった太田和子さんの自宅近くの高台では、遺族と被災者でつくる「被害者の会」のメンバー5人が集まり、消防に最初の通報があった午前10時半ごろに合わせて1日も早い発見を祈った後、犠牲者に黙とうをささげた。

同会副会長で、太田和子さんの家の近くの自宅が全壊する被害を受けた太田滋さん(65)=現在は湯河原町の応急仮設住宅に転居=は「まだ見つからない太田和子さんが、早くご家族のところに戻ってもらいたいというのを第一に考えて黙とうをささげた。和子さんが流されたのは午前11時ごろだと思うが、第一波が流れて来て、上のところで止まっていたのが同10時半ごろ。20分から30分ほど時間があったのに、何も知らせがなく、一緒に避難しましょうと声をかける間もなかった。ご覧のように土石流の奔流が流れた所は何も残っていない。なぜこんなことになってしまったのか」と悔しさをにじませた。

伊豆山地区沿岸部の国道135号「逢初(あいぞめ)橋」付近でも、被災者などでつくるボランティア団体「テンカラセン」(高橋一美代表)のメンバー5人が集まり、川の上流部から流れ下った土砂で一時寸断された国道135号線沿いに献花台を設けた。地域住民らが線香や花を手向け、犠牲者に手を合わせた。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る