コロナ収束も課題 花火客、人との接触避け「寄り道」せず家路へ

熱海湾で11月7日、秋季熱海海上花火大会があり、午後8時20分から20分間にわたって、3千発を打ち上げた。主催した熱海市ホテル旅館協同組合連合会が発表した観衆は4千人。日帰り観賞客が集まる熱海サンビーチでは、若者の姿が目立った。


コロナが収束し、外出や旅行をしやすい環境になり、都心から「最も近い」と言われる熱海に観光客が戻ってきた。しかし、終了後は熱海銀座通りをはじめ、熱海駅に向かう道路に人の列が…。ほとんどの観客が人との接触を減らすため「寄り道はしない」と家路を急いだ。花火効果を期待した飲食関係者からはため息が漏れた。
例年、市内の宿泊施設が最もにぎわうのが、11月後半〜年末にかけての忘年会シーズン。今年は春夏がコロナ禍で宿泊客が大幅に減少したことから、同連合会は11月は20日(土)、21日(日)、27日(土)。12月は5日(日)、12日(日)、18日(土)、25日(土)に花火大会を開催し、巻き返しを図る。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    鮮やか紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  2. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る