熱海の桜シーズン始まる、渚親水公園でヒマラヤザクラが見ごろに

熱海市の渚親水公園駐車場で11月10日、日本一早咲きの桜で知られるヒマラヤザクラが見ごろに入った。例年より半月ほど早く、今週末には満開となる。
熱海市のヒマラヤザクラは、東京大学に留学していたネパールのビレンドラ元国王(当時皇太子)が1967年(昭和42年)8月に伊東市を訪問された際に熱海植物友の会が熱海の桜と梅の種子を献上。その返礼として翌年にヒマラヤザクラの種子が贈られ、市が丹精込めて日本一早咲きの桜に育てた。
原木は熱海高校の法面と月見ヶ丘公園(網代)に植えられ、この2本の木から増やしたヒマラヤザクラを渚親水公園(2本)、多賀中学校体育館脇(2本)、さくらの名所散策路(15本)、長浜海浜公園(29本)に植栽した。各所でもつぼみを膨らませている。
ヒマラヤザクラは一般的には1月から2月の冬に花を咲かせるが、温暖な熱海では例年11月中旬から12月に咲く。日本で最も早く桜とともに、二酸化炭素や窒素酸化物の吸収率が高いことから、地球温暖化対策の材料の一つとして注目されている。
(熱海ネット新聞)

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  2. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
  3. 2022-1-27

    熱海市内の小学校児童と保育園児がコロナ感染 学年及びクラス閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月27日、市内の小学校1校の児童1人と保育園1園の園児1人の新型コロナウイルスの…
  4. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 きょう27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
ページ上部へ戻る