萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

う紅葉の名所として知られる熱海市のMOA美術館の敷地内にある「茶の庭」でピークを迎え、来館者の目を楽しませている。「茶の庭」の茶室「一白庵」「樵亭(しょうてい)」や「光琳(こうりん)屋敷」の周りには、鮮やかな赤や黄に色づいたノムラモミジ、イロハモミジなどカエデ類が約60本植えられ、庭内を錦秋に染めている。
とりわけ、茶の庭の入り口「唐門」からの景色は、インスタ映えし、人気がある。訪れた人たちオレンジ色のじゅうたんにカメラを構えたり、散歩をしたりして去り行く秋を堪能している。

同美術館は12月12日まで「熱海座 人間国宝 坂東束三郎舞踊公演」(11月21日〜25日)にあわせた特集陳列「室井東志生が描いた坂東玉三郎」展を開催している。室井東志生は、福島県会津の出身で、日本画の道を志し、橋本明治に師事。高い品格の中に妖艶さをはらんだ作風を追求し、高い評価を得ている。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る