伊豆山土石流 本年度の熱海市の災害復旧負担額10億8248万円

熱海市は、伊豆山土石流に関する今年度の経費負担が11月補正予算案分を含めて総額22億6682万円余りとなり、市の本年度一般会計約209億3300万円の1割強(10・8%)に達したことが分かった。
12月6日の市議会一般質問で稲村千尋氏の「伊豆山土石流災害における国、静岡県、熱海市の復旧経費負担額」の質問に小林太経営企画部次長が答弁した。負担の割合は国が27%で6億1169万円、県が25%で5億7264万円。市の負担は48%で10億8248万円。
また新型コロナウイルス対策経費の本年度予算額は7億5532万円で市の負担額は1億2964万円。来年度の予算編成について同次長は「コロナの収束の見通しが立っていないことに加え、災害復旧経費の増大が見込まれる。財政運営は大変厳しくなる」と述べた。
市は財源確保のため、宿泊税の来年度からの導入を模索している。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る