伊豆山土石流 本年度の熱海市の災害復旧負担額10億8248万円

熱海市は、伊豆山土石流に関する今年度の経費負担が11月補正予算案分を含めて総額22億6682万円余りとなり、市の本年度一般会計約209億3300万円の1割強(10・8%)に達したことが分かった。
12月6日の市議会一般質問で稲村千尋氏の「伊豆山土石流災害における国、静岡県、熱海市の復旧経費負担額」の質問に小林太経営企画部次長が答弁した。負担の割合は国が27%で6億1169万円、県が25%で5億7264万円。市の負担は48%で10億8248万円。
また新型コロナウイルス対策経費の本年度予算額は7億5532万円で市の負担額は1億2964万円。来年度の予算編成について同次長は「コロナの収束の見通しが立っていないことに加え、災害復旧経費の増大が見込まれる。財政運営は大変厳しくなる」と述べた。
市は財源確保のため、宿泊税の来年度からの導入を模索している。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る