県の観光支援策「1泊5千円割引」年明け再開「梅まつり」に追い風

静岡県は、12月27日が期限となっている県民向け県内観光促進事業「バイ・シズオカ~今こそ!しずおか!!元気旅!!!~」を来年1月の正月明けに再開し、観光支援を3月末まで継続する方針を決めた。同事業は、県民が県内施設を利用する際、宿泊費を1人1泊あたり最大5000円補助。さらに地域クーポン2千円が付くシステムで、再開後は山梨県や長野県など近隣からの県内旅行も、補助の対象とする方針。
熱海市では、来年1月8日から「熱海梅園梅まつり」(〜3月6日)と「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月6日)、1月22日から「あたみ桜四季の道桜まつり」(〜2月6日)が始まり、大きな追い風となる。

ただし、補助を受ける条件に県はワクチン接種の証明か、検査による陰性の証明のいずれかを確認する「ワクチン・検査パッケージ」の利用を新たな条件に加える方向で調整を進めており、市と医療機関は急ピッチで対応準備を進めている。

「バイ・シズオカ~今こそ!しずおか!!元気旅!!!~」に合わせ、7月に発生した伊豆山土石流災害で大きな打撃を受けている市内観光事業の復興支援を目的に実施してきた「熱海応援クーポン」(市内の土産物店や観光施設などで使用できる2000円分クーポン)は、予算化していた6万泊分が超えることから12月27日で満了する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る