上皇陛下の誕生日に献上する紅白梅 熱海梅園で枝切り 

上皇陛下の誕生日(12月23日)を祝って献上する紅白梅の枝切り作業が12月15日、「日本一早く咲く梅」で知られる熱海梅園であった。熱海市公園緑地課の加藤可奈さん(23)が紅梅の「八重寒紅(やえかんこう)」と白梅の「冬至梅(とうじばい)」のつぼみが膨らんだ枝を選び丁寧に切り取った。
開花まじかのこれらの梅の枝は市庁舎の暖めた室内でつぼみを膨らませたあと、17日に小原健観光経済課長と鈴木英明秘書広報室長が東京・港区高輪の仙洞(せんとう)仮御所へ届ける。
この日切り取った梅は、紅白一対の束にして英国大使館と韓国大使館、ブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ)大使館にも持参する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る