お正月待てない、糸川遊歩道で「あたみ桜」開基準木開花 過去2番目に早く

熱海市は12月21日、糸川遊歩道に植えられている57本の「あたみ桜」のうち、「銀座バス停」横の基準木が開花したと発表した。市公園緑地課によれば、これまで最も早かった前年(2020年)に次ぐ過去2番目のスピード開花という。桜橋付近でも開花している。
同遊歩道では、1月8日(土曜)から「あたみ桜糸川桜まつり」(~2月6日・日)が始まる。今年も初日からお花見が期待できそうだ。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る