今年も“あと2日あまり” 来宮神社の迎春準備 拝殿の大しめ縄取り替え 

熱海市の来宮神社で12月30日、新年へ向けた大しめ縄の掛け替え作業がが行われた。神職ら4人が長さ4・2メートル、重さ100キロのしめ縄をたるみなどを調整しながら拝殿に据え付けた。
同神社では、まゆ玉のほか破魔矢、絵馬、土鈴、お守りなど縁起物5万点を用意し、初詣参拝客に備える。例年、約10万人の初詣客が訪れるが、昨年は新型コロナウイルスの影響による参拝自粛や分散参拝を呼びかけた。来年の初詣に向けても、混雑を避けての分散参拝をアナウンスしている。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る