今年も“あと2日あまり” 来宮神社の迎春準備 拝殿の大しめ縄取り替え 

熱海市の来宮神社で12月30日、新年へ向けた大しめ縄の掛け替え作業がが行われた。神職ら4人が長さ4・2メートル、重さ100キロのしめ縄をたるみなどを調整しながら拝殿に据え付けた。
同神社では、まゆ玉のほか破魔矢、絵馬、土鈴、お守りなど縁起物5万点を用意し、初詣参拝客に備える。例年、約10万人の初詣客が訪れるが、昨年は新型コロナウイルスの影響による参拝自粛や分散参拝を呼びかけた。来年の初詣に向けても、混雑を避けての分散参拝をアナウンスしている。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る