熱海土石流 「黒塗り」削除文書開示 議員限定に約1000枚

熱海市伊豆山の土石流災害で、原因を究明する市議会の特別調査特別委員会(百条委員会)が求めていた黒塗り部分を除いた行政文書が1月4日、委員の市議に開示された。
被害を甚大化させたとされる盛り土の造成を巡る行政手続きに関連した文書で、市が昨年10月に公開したすべてが開示対象。約1000枚の文書をまとめたファイル3部が用意され、委員のみ、議長応接室など指定の場所で閲覧できる。1日最大6人の閲覧が可能で、基本的には予約制。
メモは取れるが、写真撮影やコピーはできない。
百条委は県にも昨年十月に公開した行政文書の一部について、黒塗り部分を十四日までに開示するよう求めている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る