熱海土石流 「黒塗り」削除文書開示 議員限定に約1000枚

熱海市伊豆山の土石流災害で、原因を究明する市議会の特別調査特別委員会(百条委員会)が求めていた黒塗り部分を除いた行政文書が1月4日、委員の市議に開示された。
被害を甚大化させたとされる盛り土の造成を巡る行政手続きに関連した文書で、市が昨年10月に公開したすべてが開示対象。約1000枚の文書をまとめたファイル3部が用意され、委員のみ、議長応接室など指定の場所で閲覧できる。1日最大6人の閲覧が可能で、基本的には予約制。
メモは取れるが、写真撮影やコピーはできない。
百条委は県にも昨年十月に公開した行政文書の一部について、黒塗り部分を十四日までに開示するよう求めている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  2. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
  3. 2022-8-5

    市長選「チームみずほ」旗揚げ 泉明寺みずほ後援会が事務所開き

    熱海市長選(9月4日告示、11日投開票)に出馬を予定している新人で市議の泉明寺みずほ氏(51…
  4. 2022-8-5

    第二小5年の安斎くん、市長に優勝報告 静岡県学年別柔道大会V

    5月に静岡県武道館(藤枝市)で開かれた「第19回県小学生学年別柔道大会」(主催・静岡県柔道協…
ページ上部へ戻る