1月17日の「尾崎紅葉祭」式典 コロナ禍で今年も関係者だけで実施

新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の全国的な感染拡大を受け、熱海市は1月12日、東海岸町のお宮緑地で17日に行う「尾崎紅葉祭」の式典を2年連続で規模を縮小し、関係者だけで行うと発表した。
同祭は、熱海の名を全国的に知らしめた「金色夜叉」の作者である尾崎紅葉の偉業をたたえ、毎年この日に開いている。今年の参列は主催者の市長と遺族家族、来賓の市議会議長、県議、市観光協会会長だけに制限する。一般の人は観覧できない。
昨年は見合わせた熱海芸妓による貫一・お宮の寸劇は実施する。
(熱海ネット新聞)今年も

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
  2. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  3. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  4. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
ページ上部へ戻る