1月17日の「尾崎紅葉祭」式典 コロナ禍で今年も関係者だけで実施

新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の全国的な感染拡大を受け、熱海市は1月12日、東海岸町のお宮緑地で17日に行う「尾崎紅葉祭」の式典を2年連続で規模を縮小し、関係者だけで行うと発表した。
同祭は、熱海の名を全国的に知らしめた「金色夜叉」の作者である尾崎紅葉の偉業をたたえ、毎年この日に開いている。今年の参列は主催者の市長と遺族家族、来賓の市議会議長、県議、市観光協会会長だけに制限する。一般の人は観覧できない。
昨年は見合わせた熱海芸妓による貫一・お宮の寸劇は実施する。
(熱海ネット新聞)今年も

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る