伊豆文学賞 高部務さん(千葉)に小説最優秀 敏腕ジャーナリスト

静岡県などの伊豆文学フェスティバル実行委員会は1月14日、第25回伊豆文学賞の入賞作品を発表した。最優秀賞は、小説・随筆・紀行文部門(賞金100万円)で高部務さん(千葉県浦安市)の小説「海豚(いるか)」が受賞した。
高部さんは1950年山梨県生まれ。「女性セブン」「週刊ポスト」記者を経てフリーのジャーナリストで活躍している。「海豚」では、山梨から出稼ぎで沼津に居着いた漁師が、買い手のつかないイルカの肉を生かす道を模索する物語。前回、優秀賞だった高部さんは「昨年度優秀賞(小説•由比浦の夕陽)を受賞し、今回は最優秀賞を目指して応募したため、念願が叶い嬉しく思う。地域の歴史を書こうと小説を書いており、今回の受賞でその思いが実を結んだ。作品にも登場する山梨の郡内地域で生まれ育ち、昔からイルカを食べる習慣があったが、なぜなんだろうと調べたことがきっかけ。静岡から運ばれてきていることが分かり、沼津の図書館にも何度も通って調べて書き上げた」今回は最優勝賞を目指して応募した。念願がかない、うれしい」とコメントを寄せた。
掌編部門はこうずみきさん(愛知県豊橋市)の「白い蛇」が選ばれた。
両部門に454点(小説206点、随筆49点、紀行文12点、掌編187点)の応募があった。表彰式は3月6日に熱海市の起雲閣で行われる。 このほかの入賞者は次の通り。
(熱海ネット新聞)
【小説・随筆・紀行文】優秀賞 江尻七平(静岡市駿河区)▽佳作 高平九(千葉市稲毛区)シズカ・クサナギ(小山町)
【掌編】優秀賞 櫛谷翔大(千葉県船橋市)横山大河(宮城県塩釜市)星野有加里(富士市)湊千波(神奈川県湯河原町)秋野葉介(東京都世田谷区)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る