史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、熱海市出身の熱海富士(19=伊勢ヶ濱)の新十両昇進を決めた。
初土俵から所要8場所の新十両昇進は、年6場所制となった1958年以降では元大関小錦らに並ぶ7位(幕下付け出しを除く)のスピード出世。幕下までは関取ではないため給与がなかったが、十両は月額110万円が支給され、これで親孝行もできる。
齋藤栄市長は「熱海市から関取が誕生するのは初めてであり、大変明るい話題。今後もけいこに励み、さらなる活躍で熱海富士と熱海の名を広めていただきたい」と祝福した。
(熱海ネット新聞)
写真=NHK大相撲中継より

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る